日田天領水とは?日田天領水の種類




日田天領水とは

大分県日田市。九州にある火砕流によって生まれた
その特徴的な地質が天然のフィルターとなり
日田天領水を浄化し、ミネラルを含んだ
おいしい天然水に長い年月をかけて作り上げていきます。
日田の採水地で採れた天然ミネラル水を
HACCP認定の衛生管理された工場でパッケージして
日田天領水は完成します。


日田天領水 12L

日田天領水のボトリングは様々な種類が有ります。
先ずは12Lタイプです。
重量13キロ程度あり、2個1組で購入できます。
価格は3,240円です。(税込み)

通販サイト日田天領水の里でも
人気のパッケージです。

蛇口付きの12Lポリエチレン製
透明パックをダンボールで多いパッケージした物です。

また、12Lタイプに材料を長期保存に適したものに
変更したタイプが有ります。
賞味期限が5年間にと長期保存が可能です。
長期保存タイプ 12LBIB×2個
価格は3,499円(税込み)


日田天領水 20L

日田天領水の中でも最も大きなパッケージが
20L
価格2,916(税込み)
※送料が変わるので地域によって価格も異なります。参考価格

日田天領水 2L

日田天領水を2Lのペットボトルに入れた商品です
2Lペットボトル×10個がセットで販売されています。
価格3,780円(税込み)です。
賞味期限は2年間です。


その他にも10Lタイプ、500mlタイプが有ります。

それぞれの価格からコスパを計算すると

20L(地域によって価格変化あり)
145.8円/L

12L×2
135円/L

10L×2(地域によって価格変化あり)
156.6円

2L×10
189円/L

500ml×24
324円/L

と12Lタイプがいちばんコスパが良い様です。








カテゴリ
タグ