スロージューサーとは



スロージューサーとは

フルーツや野菜類を原料に果物ジュースや野菜ジュースをつくるジューサー。
中で電動でゆっくりと回転させ圧搾してジュースを取り出すジューサーを
スロージューサー(低速ジューサー)といいます。
高速ジューサーと比べ、素材を破壊し難く栄養分がジュースに多く残り
ジュースの果汁量もスロージューサー(低速ジューサー)の方が
多く取れるという特徴を持っています。


スロージューサー(低速ジューサー)の効果・特徴・メリット

スロージューサー(低速ジューサー)は低速回転の為
回転の摩擦熱で野菜や果実の持つ酵素等の栄養素を壊しません。
高速回転ジューサーではジュースに空気が多く入り
空気中の酸素によってビタミンCを破壊したり、
酸化しやすい性質が有りますが、
スロージューサー(低速ジューサー)は酸化しにくい。
音が静かで、カッタが無く安全。手入れが比較的簡単に出来る等
スロージューサー(低速ジューサー)の効果、メリット、特徴としてあげられます。


スロージューサー(低速ジューサー)のデメリット・欠点

高速ジューサーと比べて価格か高価である傾向があり
サイズが大きいというデメリットが有ります。
具体的には大体10000円~数万円の価格帯で販売されています。
また、山芋や里芋、納豆などの粘り気の強い食材や
氷、冷凍食品等の硬い食品はスロージューサー(低速ジューサー)は
苦手分野になります。機種によっては圧搾可能なので
これらの材料をジュースにしたい場合は購入前に良く調べる必要が有ります。


スロージューサー(低速ジューサー)お勧めランキング

1、ヒューロム(HUROM)のスロージューサー

2、クビンス(Kuvings)のスロージューサー

3、シャープ(SHARP)のスロージューサー




タグ